クラウド会計ソフトfreee・MFクラウド・やよいを比較!シェアや料金は?

個人事業主として独立したばかりの方は、確定申告のこと考えないとなぁ・・・。とか、クラウド会計ソフトどれにしよう?とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

大手クラウド会計ソフトには会計freee、MFクラウド確定申告、やよいクラウドがありますが、どれがシェアを大きく占めていて、どんな機能があり、料金はどれが安くてどれが高いのでしょうか?

今回は、大手クラウド会計ソフトの会計freee、MFクラウド確定申告、やよいクラウドを比較してみました。

会計ソフトは個人事業主には必要?メリットは?

男性

まず、クラウド会計ソフトの比較の前に、クラウド会計ソフトに限らず、会計ソフトは必要なのかということです。

これは私の意見ですが、会計ソフトは必要と思います。

もし会計ソフトを使わない場合は、エクセルのような表計算ソフト等を使っていくことになると思いますが、非常に面倒です。

クラウド会計ソフトであれば、ある程度自動でやってくれるというのがメリットとして挙げられます。

具体的には、銀行口座やクレジットカードと連携して、取引情報や利用履歴がクラウド会計ソフトに取り込まれます。

操作はそれぞれのクラウド会計ソフトで違いますが、基本的には、自動的に取り込まれたデータを仕訳して記帳していく流れです。

時間的にはかなり節約できると思います。

おそらくこの記事を見ているあなたは個人事業主、もしくは、個人事業主として独立しようとしている方と思いますが、節約した時間を事業に充てた方が効率が良いのは間違いないですよね!

クラウド会計ソフトはクラウド型の方がインストール型よりおすすめできる理由!

上昇男性

会計ソフトは、大きく分けて、クラウド型とインストール型があります。

どちらがおすすめかというと、クラウド会計ソフトです。

なぜかというと、法改正等に対応してくれるからです。

インストール型であれば、法改正される度に新しくソフトを購入し直す必要が出てきますし、一見お得なように見えて実はそうでもないです。

クラウド会計ソフトであれば、常に最新バージョンとなりますので、法改正について心配することもありません。

クラウド会計ソフトfreee・MFクラウド・やよいを比較!【シェア/機能/料金/評判(口コミ)等】

就活女性

では、大手クラウド会計ソフトである会計freee、MFクラウド確定申告、やよいクラウドを比較していきましょう。

シェア比較

まず、会計freee、MFクラウド確定申告、やよいクラウドではどれが一番利用されているのでしょうか?

これは気になりますよね。

多く使われている方が、使われるだけの理由があるはずですし、この場合どうするんだろう?と疑問に感じたとき、検索をかければ、答えが見つかりやすいです。

クラウド会計ソフトの利用状況を調査した記事がありました。

こちらです。

要約リスト
  • クラウド会計ソフトの利用状況調査(2019年3月末)

この記事によると、以下の結果となっています。(画像を上記記事から引用しています。)

クラウド会計ソフトシェア

やよいクラウド>MFクラウド確定申告>会計freeeの順に利用者が多いようです。

やよいが50%以上を占めています。

2018年と2019年の推移を見ると、やよいクラウドと会計freeeはシェアを伸ばしていますが、MFクラウド確定申告については、シェアが少し奪われた形になっています。

サポート比較

まず、各クラウド会計ソフトの各プランでどのサポートが利用できるのかチェックしましょう。

サポート内容

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
サポート スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
電話 × × × × × ×
チャット
メール
かねお
かねお
どのクラウド会計ソフトも最上位プランには電話サポートがあるね。
かねこ
かねこ
自分はどこまでサポートが必要か考えよう。

サポート時間

次にサポート時間比較です。

サポート 会計freee MFクラウド確定申告 やよいクラウド
電話 平日10時~12時
13時~18時
※事前予約要
平日10時半~17時 平日9時半~12時
13時~17時半
チャット 平日10時~12時
13時~18時
平日10時半~17時 平日9時半~12時
13時~17時半
メール 24時間 24時間 24時間

各プランによって、電話サポートがあったりなかったり、無料プランよりも有料プランの人が優先されたりすることがあります。

クラウド会計ソフトの使い方だけではなく、クラウド会計ソフトの業務相談をすることができるクラウド会計ソフトもあります。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
× × × × × × × ×

無料プラン比較

次に、各クラウド会計ソフトでは無料プランが用意されていますが、無料期間はどれぐらいか、無料機能でどこまでできるのか、各項目を比較してみました。

無料期間

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター フリー セルフ フリー
30日間 期限なし
※スタータープランの
無料トライアルは30日間
最大2ヵ月 期限なし
かねお
かねお
白色申告であれば、やよいの白色申告オンライン一択だね。
かねこ
かねこ
青色申告であれば、年間の取引件数が少ないならMFクラウド確定申告がいいかも。
かねお
かねお
他はあくまでもお試し!
かねこ
かねこ
やよいの青色申告オンラインは初年度1年間無料キャンペーン実施中だよ!

やよいクラウドを無料で試用してみる

データ保持期間

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター フリー セルフ フリー
直近1ヶ月のみ 無制限 無制限 無制限
かねお
かねお
会計freeeのみ直近1ヶ月のみのデータ保持になっているね。
かねこ
かねこ
会計freeeの無料期間はあくまでも会計freeeではどういう感じで仕訳していくのか知るためということだね。
かねお
かねお
まあ、色々お試ししてみて、自分に合ったものを見つけることだな。

月間仕訳件数

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター フリー セルフ フリー
無制限 50件(※年間) 無制限 無制限
かねお
かねお
MFクラウド確定申告のみ年間50件という制限がある。
かねこ
かねこ
取引件数が極端に少ない人であれば、おすすめ。

データ入出力

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
入出力 スターター フリー セルフ フリー
インポート 制限あり 制限あり 可能 可能
エクスポート 制限あり(10データのみ) なし 可能 可能
かねお
かねお
やよいは白色申告だと何でもできてすげぇな!

やよいクラウドを無料で試用してみる

サポート

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター フリー セルフ フリー
メールサポートのみ
※チャットサポートは1週間のみ
メールサポートのみ
※チャットサポートは30日間のみ
なし なし
かねお
かねお
メールサポートがあるところでも、基本的に有料会員優先だから、すぐには返信がないと思った方がいい。

決算書・確定申告書の作成

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター フリー セルフ フリー
不可
※申告内容の入力のみ
可能 可能 可能
かねお
かねお
会計freeeのみ申告内容の入力のみで、最終的な書類の出力はできないようだ。
かねこ
かねこ
無料で済ませたいなら、できたものを手で転記していくことになるのかな。

領収書のデータ保存件数

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター フリー セルフ フリー
10件/月 制限なし 制限なし 制限なし
かねお
かねお
会計freeeのみ領収書データ保存件数に制限がある。

アカウント数

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター フリー セルフ フリー
1名
※アドバイザーのみ招待可
1名 1名 1名
かねお
かねお
どれも1名のみのアカウントだね。

無料プラン比較まとめ

ここまで解説してきたクラウド会計ソフトの無料プランでできることをクラウド会計ソフト別にまとめました。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
項目 スターター フリー セルフ フリー
無料期間 30日間 期限なし 最大2ヵ月 期限なし
データ保持期間 直近1ヶ月のみ 無制限 無制限 無制限
月間仕訳件数 無制限 50件(年間) 無制限 無制限
インポート 制限あり 制限あり 可能 可能
エクスポート 制限あり(10データのみ) 不可 可能 可能
サポート メールサポートのみ
※チャットサポートは1週間のみ
メールサポートのみ
※チャットサポートは30日間のみ
なし なし
決算書・確定申告書の作成 不可
※申告内容の入力まで可能
可能 可能 可能
領収書データ保存件数 10件 無制限 無制限 無制限
アカウント数 1名
※アドバイザーのみ招待可
1名 1名 1名
かねお
かねお
それぞれのクラウド会計ソフトの無料プランには特徴があるね。
かねこ
かねこ
まず無料でずっと使っていくには無理なのは会計freee。
件数が少ないならMFクラウド確定申告はずっと無料で使える。
かねお
かねお
白色申告ならやよいの白色申告オンライン一択!
かねこ
かねこ
青色申告でも今ならやよいの青色申告オンラインは初年度無料で使える!
これはすごい!

基本機能比較

クラウド会計ソフトの基本機能を比較してみましょう。

確定申告機能

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
かねお
かねお
有料プランであれば、確定申告機能があるのは当たり前だね。
かねこ
かねこ
やよいの白色申告オンラインは、白色申告のみ対応だよ。

消費税申告機能

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
×
かねお
かねお
MFクラウド確定申告は消費税の集計機能のみ。

データインポート機能

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
かねお
かねお
データインポートは他社からの乗り換え用機能だからどこもしっかり対応しているな。

データエクスポート機能

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
かねお
かねお
データエクスポート機能は他社への乗り換えに必要。
ここには記載していないけどMFクラウド確定申告のフリープランでは未対応なので注意。

基本機能比較まとめ

ここまで解説してきたクラウド会計ソフトの基本機能をクラウド会計ソフト別にまとめました。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
基本機能 スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
確定申告書作成機能
※1

※1
消費税申告書作成機能 ×
※2

※2

※2
データインポート機能
データエクスポート機能

※1 白色申告のみ

※2 消費税の集計機能のみ

かねお
かねお
こうして比較して見ると、万能なのはやよいだね。
かねこ
かねこ
ただ利用してみないとどんな感じなのか想像できないと思うし、とりあえず各社の無料プランで試用をおすすめするよ。

自動取込機能比較

クラウド会計ソフトは、銀行やクレジットカード、楽天等のショッピングサイトと連携し、取引記録を自動的に取り込む機能があります。

しかし、自分が良く使う銀行・クレジットカードやサービスとの連携ができないのであれば、不便なことです。

自分が利用しているところが連携できるのか公式サイトで確認してから登録するようにしてください。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青・白)
銀行・信用金庫
連携数
3659行 3404行 3450行
クレジットカード
連携数
120社 131社 38社
その他サービス 30社 72社 26社
自動読込方法 直接 直接 外部サービス利用
読込エラー頻度 少なめ 少なめ 多め
かねお
かねお
自分の利用しているところがカバーされているか確認しよう!

仕訳機能比較

クラウド会計ソフトの作業で、最も行う作業が仕訳です。

最も使われる仕訳機能が使いやすいかどうかでクラウド会計ソフトを決めるのもありでしょう。

仕訳一括登録

仕訳が一括登録できるかどうかで、作業の完了スピードが違います。

1件ずつの登録は非常に面倒ですので、あると便利ですね。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
× × × × × × ×
かねお
かねお
仕訳一括登録機能はMFクラウド確定申告のみの機能で、50件まで一括で登録できます。
MFクラウド確定申告

勘定科目の自動提案

勘定科目の自動提案機能とは、過去に一度設定したものを学習して、次回以降も同じ勘定科目を自動提案してくれる機能です。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
かねお
かねお
各社対応されているようですね!

勘定科目の自動登録

勘定科目の自動登録機能は、一度登録した取引内容を次回以降は自動で登録してくれる機能です。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
× × × × × × ×
かねお
かねお
会計freeeは全自動というだけあって、対応されているね。

会計freeeを無料で試用してみる

仕訳の簡単手入力

仕訳の簡単手入力機能は、支出/収入を選択し、勘定科目等を選択すれば、すぐに手入力で仕訳を登録できる機能です。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
かねお
かねお
各社どのプランも対応されているね。
これはないとダメな機能だもんね。

振替伝票入力

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
× × × ×
かねお
かねお
振替伝票入力機能は、やよい以外は対応されているね。

仕訳機能比較まとめ

クラウド会計ソフトで作業する大半が、仕訳ですから、この機能は非常に重要です。

ここまで比較してきた仕訳機能をまとめました。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
仕訳機能 スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
一括登録 × × × × × × ×
勘定科目
自動提案
勘定科目
自動登録
× × × × × × ×
簡単手入力
振替伝票入力 × × × ×
かねお
かねお
個人的には仕訳がやりやすいかどうかは最重要だと思う!
かねこ
かねこ
作業の大半が仕訳だからね!

料金比較

ここまで、各社クラウド会計ソフトをシェア、サポート、無料プラン、基本機能、自動取込機能、仕訳機能と比較してきましたが、やはり最終的にできることと料金のバランスではないでしょうか?

ここでは各クラウド会計ソフトをプラン別に料金をまとめました。

会計freee MFクラウド確定申告 やよい(青) やよい(白)
月額/年額 スターター スタンダード プレミアム パーソナルライト パーソナル パーソナルプラス セルフ ベーシック フリー ベーシック
月額 980円 1,980円 1,280円 2,480円 無料
年額
9,800円 19,800円 39,800円 11,760円 23,760円 35,760円 8,000円 12,000円 無料 4,000円
かねお
かねお
やよいの青色申告オンラインは、セルフプランで初年度無料、ベーシックプランで半額キャンペーン実施中です!
やよいクラウド

評判(口コミ)は?

各クラウド会計ソフトの評判はどんな感じなのでしょうか?

実際に利用している人のTwitterでのつぶやきをまとめてみました。

会計freee

MFクラウド確定申告

やよい

かねお
かねお
どのクラウド会計ソフトも絶賛意見もあれば、否定意見もあるけど、やっぱり自分で利用してみることが重要!

まずはクラウド会計ソフトのフリープラン(無料)で試用してみよう!

ここまで大手クラウド会計ソフトについて、色んな角度から比較してきましたが、結局は自分に合ったものであるかどうかが重要です。

それぞれのクラウド会計ソフトには、無料プランが用意されていますから、まずは実際に操作してみて判断してみてはいかがでしょうか?

私は、会計freee、MFクラウド確定申告、やよいクラウドそれぞれを無料利用した上で、MFクラウド確定申告に決めました。

年払いで支払えば、1,000円ぐらいで販売されている「確定申告を簡単に自動化してラクする本」ももらえましたので、ちょっとお得感もありました。

ぜひ、各クラウド会計ソフトの無料プランを利用してみてください!