仮想通貨

配当型ウォレットおすすめは?ポンジスキームを回避して爆益を狙え!

ビットコイン
スポンサーリンク

配当型ウォレットが乱立していますが、配当型ウォレットの先駆けでもあったプラストークンが出金停止になりました。

これだけ多くの配当型ウォレットが出てくると、ポンジスキームを回避して厳選してやらないと、プラストークン同様被害に遭うことになってしまいます。

今回は、私がやっている3つのおすすめ配当型ウォレットを紹介します!

スポンサーリンク

配当型ウォレットのリスクは?

投資男性

まず、どの配当型ウォレットにも言えることですが、投資に絶対はありません。

これは、仮想通貨に限らず、どの投資にも言えることです。

このことを理解できる方のみ、配当型ウォレットに参加されることをおすすめします。

具体的に配当型ウォレットにはどんなリスクがあるのか?というと、運営が破綻することです。

運営が破綻してしまえば、配当型ウォレットも飛んでしまい、元本が回収できなくなり、損失してしまうというリスクがあります。

運営が公表している情報の中にも嘘だったこともありますので、全て鵜呑みにしてはいけないと思います。(○○と提携していると言いながら、実際は提携していなかったとか・・・。)

そういう意味ではWoTokenはおすすめできません。

WoToken
WoTokenのSBIやimTokenとの提携は嘘?ポンジスキーム(詐欺)かも!WoTokenは2019年3月初旬に日本に上陸し、爆発的に流行っています。 私も3月のうちに登録しましたが、近々完全撤退を考えてい...

リスクを考えた上で、厳選して私は3つのウォレットをやっていますので、早速紹介していきますね!

エンジェリウムウォレット

ANGELIUM

エンジェリウムウォレットは2018年にICOをしたANL(エンジェリウム)のマーケティングの一環として生まれた配当型ウォレットです。

ICOで集めたお金を配当として出しています。

プラストークンの破綻により、他のウォレットも大丈夫なのか不安になり、資金を全て引き上げたという方もいるでしょうが、このエンジェリウムウォレットに関しては私は安心しています。

その理由について解説します。

通常、配当型ウォレットは、画面上の数字から毎日配当が入っているように見えます。

エンジェリウムウォレットでは、画面上の数字だけではなく、会員1人1人のアカウント全てに対し、トランザクションを生成しています。

ウォレットの残高が単なる数字上の移動ではないので、信用できる材料と言えます。

また、配当型ウォレットは、海外発の配当型ウォレットが非常に多く、日本に上陸した頃には既に後発組となってしまっていることが多いです。

エンジェリウムウォレットは日本発で、2019年8月11日現在、まだサービス開始されてから1ヶ月ちょっとしか経過していないというのもおすすめできるポイントです。

配当でもらえるANXの価格もまだ0.01ドルですので、価格が上がる前に大量に保有することが重要と言えます。

月利 4.5%~12%
運用資金 300~30,000ドル
配当 ANX(独自トークン)
元本ロック 30日/60日/90日
紹介報酬 15段

エンジェリウムウォレットに登録する
 

エンジェリウムウォレットに関する記事

かねお
かねお
エンジェリウムウォレットはまだ始まったばかりでANXの価格が低い今がチャンス!

エンジェリウムウォレットに登録する
 

スポンサーリンク

ICBウォレット

ICBウォレット

ICBウォレットは中国発のウォレットで、こちらは投資した仮想通貨で70%、ICBXという独自トークンで30%が配当としてもらえます。

ICBXの価格は最初0.1ドルでしたが、既に10倍以上になっており、こちらもかなり期待のできる配当型ウォレットとなっています。

ICBXは2019年9月以降、複数の取引所に上場していくということですので、さらに価格の上昇が見込めます。

ICBウォレットはアービトラージによって利益を出しています。

ICBウォレットは誰でも上限なく投資できるのではありません。

投資できる仮想通貨それぞれで、これが上限というのが決まっています。

上限が決まっていて、誰彼構わずお金を集めているわけではないというのが安心材料と言えるのではないでしょうか。

これが詐欺であるはずがないと思わせられるレベルの大規模なカンファレンスも行われており、こちらもかなり期待をしている配当型ウォレットです。

出金も滞ることなく、毎回出金できています。

一度だけ出金申請が通らなかったときがありましたが、メンテナンスの時間と被っていたときでした。

月利 10%~
運用資金 1,000ドル~
配当 投資した仮想通貨で70%、ICBXで30%
紹介報酬 10段

ICBウォレットに登録する
 

ICBウォレットに関する記事

ICBウォレットに登録する
 

BLOCKECO(ブロックエコ)

BlockEco

BLOCKECO(ブロックエコ)も比較的新しい配当型ウォレットです。

BLOCKECOはアービトラージでも利益を出していますが、それ以外の事業でも利益を出しており、その利益がどれぐらいを占めているか等を内訳で公表されており、これが安心材料ですね。

また、毎日もらえる配当は一定ではなく、利益を大きく出せたときはたくさんもらえますし、逆にあまり利益を出せなかったときは少ないです。

これは逆に安心できますね!

配当でもらえるのは独自トークン「BLEC」ですが、このBLECを使って支払いができるところも日本で既にあります!(バーレスク東京)

通常、このような配当型ウォレットでは、海外で人気になり、その後で日本に上陸というパターンが多いですが、日本に最初に上陸したのがおすすめポイントとも言えます。

早いうちに参加してBLECをたくさん保有することで、値上がりした時にかなりの利益を得ることができます。

通常は月利8%~ですが、ロックすることで、さらに配当をもらうことも可能です。

心配な方はロックせずに運用するという方法もありますが、私は1年ロックにしています。

月利 8%~
運用資金 500ドル~
配当 BLEC
紹介報酬 通常は20段(条件により21段目以降も)

BLOCKECOに登録する
 
 

かねこ
かねこ
紹介コードは必須です!
4199jF36c」を使ってもらえると嬉しい!

BLOCKECO(ブロックエコ)に関する記事

BLOCKECOに登録する
 
 

かねこ
かねこ
紹介コードはこちらを使ってね。
4199jF36c」!!
スポンサーリンク

まとめ

要約リスト
  • どの配当型ウォレットにも言えることだが、投資に絶対はないが、信用に値する理由があるウォレットを選ぶべき。
  • 個人的におすすめなのが、エンジェリウムウォレット、ICBウォレット、BLOCKECOの3つ。

いかがでしたか?

今回は、私がやっている配当型ウォレットを紹介しました。

今後もおそらく続々と配当型ウォレットが出てくることでしょう。

昨年はICO詐欺が多かったような気がしますが、詐欺の手法も配当型ウォレットにシフトしてくるかもしれませんね。

気を付けましょう。

今回は、おすすめ配当型ウォレットでした!

スポンサーリンク