年収・給料・年俸

麻雀プロの年収は?プロになるにはプロ試験?合格率や過去問は?

麻雀
スポンサーリンク

最近は女性麻雀プロもいて、その容姿からも非常に注目されています。

麻雀プロはどれぐらい年収を稼いでいるのかご存知でしょうか?

これは中々知られていないと思います。

また、プロになるにはプロ試験に合格する必要があるのでしょうか?

今回は、麻雀のプロの年収や、プロになるにはどうしたらいいのか等について、まとめました!

スポンサーリンク

麻雀プロになるにはプロ団体への加入が必要?

解説する男性

麻雀プロになるには、プロ団体への加入が必要です。

麻雀というと、賭け事というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、競技麻雀のプロ団体は、麻雀そのものを追求しており、現在プロ団体は11団体存在しています。

  • 日本プロ麻雀協会
  • 日本プロ麻雀連盟
  • 最高位戦日本プロ麻雀協会
  • 麻将連合 -μ-
  • 101競技連盟
  • RMU
  • 全日本麻雀協会
  • 麻雀共同体WW
  • 日本プロ麻雀棋士会
  • 麻雀プロ活動団体アウトリーチ
  • 麻雀プロ団体DOP

麻雀プロ試験の内容や合格率は?

麻雀プロになるには、プロ団体に加入する必要があるということですが、プロ団体に加入するには、プロ試験に合格する必要があります。

プロ試験の内容はプロ団体によって異なりますが、多くの団体は書類審査、筆記試験、実技試験、面接によって行われます。

試験の内容は、麻雀に関するものだけではなく、一般常識や小論文を出題する団体もあるということです。

一例として、日本プロ麻雀協会の試験の内容を紹介します。

日本プロ麻雀協会では、筆記試験と面接、そして実技試験でプロテストを行っています。

筆記試験には麻雀問題の他に一般教養を問う問題もあります。

受験資格は、日本プロ麻雀協会の目的と義務を遂行し、麻雀界の発展に貢献する意欲のある方となります。

受験料は2万円になります。

合格率は公表されていないようです。

スポンサーリンク

麻雀プロ試験の過去問は?

大学受験や資格試験でもそうですが、麻雀プロ試験に合格するには、やはり過去問で傾向を掴んでおくのは、非常に重要なことだと思います。

各プロ団体では、プロ試験の過去問をホームページ上で公開している団体も多いです。

ここでは日本プロ麻雀協会の過去問を紹介しますね。

こちらのページをスクロールしていくと、論述/麻雀問題1/麻雀問題2/一般教養の過去問が掲載されています。

もし、あなたが麻雀プロになりたいのであれば、受験する団体のホームページに過去問が掲載されていないかチェックしてみてください。

麻雀プロの年収は?

札

さて、麻雀プロはどれぐらい稼げるのかですが、やはりどの業界でもピンキリです。

稼いでいる人は年収1,000万円程度で、下は250万円程度と言われています。

麻雀は大きな大会に出場して優勝すると、賞金として10~数100万円獲得できます。

また、大きな大会では賞金額は10~数100万円ぐらいですが、麻雀大会では上位に入っても、賞金額は著しく少なくなります。

このことから、大会の賞金だけで稼いで生活しているという人は少ないでしょう。

しかし、プロ雀士は賞金の他にも収入源があります。

各イベントへの参加、雑誌等のコラム、雀荘での勤務等ですね。

麻雀ではありませんが、ダーツでもプロになっても、大会の賞金額のみで生活している人は少なく、自身が経営するダーツバーでも稼いでいるという人が大半だったりします。

それと似てますよね。

まとめると、賞金額のみで生活している麻雀プロはほとんどおらず、他に仕事をしているという人が大半ということです。

スポンサーリンク

麻雀プロ最強は誰?

それぞれ所属している団体が違う中で最強はこの人だ!と決めるのは難しいと思いますが、ネット上では、以下の方々が最強候補だと言われているようです。

  • 村上淳(日本プロ麻雀協会)
  • 多井隆晴(RMU)
  • 白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)

麻雀プロ可愛い&美人女性一覧!

女流プロでは、グラビアやモデル活動をしているプロもいて、容姿にも非常に注目が集まっています。

ここでは、そんなアイドル顔負けの可愛い&美人女流プロを紹介しますね!(主観になります(笑))

高宮まりプロと和久津晶プロです。

高宮まりプロはグラビアもやっており、スタイルがやばいですね(笑)

東城りおプロです。

知らなかったのですが、いつの間にか結婚されてたみたいですねー!

続いて岡田紗佳プロ。

めちゃくちゃ可愛いし、スタイル抜群ですねー!

続いて石田亜沙己プロ。

プロ雀士の他に、読者モデルや地下アイドルとしても活動してるんだとか!

塚田美紀プロです。

雀荘「白楽の麻雀アリス」常勤だそうです。

山脇千文美プロです。

キャッチフレーズは「暴走コスモ系フェアリー」だそうです(笑)

松嶋桃プロです。

なんと京大法学部卒の超高学歴雀士です。

ちなみに、日本プロ麻雀協会第9期後期プロテスト受験者中トップの成績だったそうです。

続いて、都美プロ。

グラビアアイドルとしても活動中ですが、IT系や美容系の仕事の経験を経て現在に至っているのだそうです。(意外!)

伊達朱里紗プロです。

2019年4月にプロ雀士になったばかりです。

声優としても活動しており、非常に容姿も可愛いですね!

かねお
かねお
あの子が入ってない!なんて思う方もいるかもしれませんが、あくまでもこれは僕の主観です!(笑)
スポンサーリンク

まとめ

要約リスト
  • 麻雀プロになるにはプロ団体への加入が必要。プロ団体は現在11団体存在している。
  • 麻雀プロ試験の内容はそれぞれの団体によって異なるが、多くの団体は、書類審査、筆記試験、実技試験、面接によって行われることが多い。
  • 麻雀プロ試験の過去問は、ホームページに掲載している団体もある。
  • 麻雀プロの年収は、上は1,000万円程度で、下は250万円程度と言われている。
  • 麻雀プロでネット上で最強候補とされているのが、村上淳プロ、多井隆晴プロ、白鳥翔プロ等がいる。
  • 最近では女流プロも多く、グラビアやモデル活動をしている女性も多く、その容姿にも注目が集まっている。

いかがでしたか?

私は正直女流雀士はあまり詳しくはなかったのですが、伊達朱里紗プロとか岡田紗佳プロが好みかなぁ?(笑)

今回色々女流雀士を見てきましたが、Twitterを調べてみると、パチンコや競馬をやる人が多いですね(笑)

あとは、やはり麻雀一本という人はまずいないですね。

麻雀以外の仕事がメインでプロ雀士がサブみたいな人が多いです。

あなたの好きな女流雀士は誰ですか?

スポンサーリンク