仮想通貨

RT(リソーストークン)の上場取引所や価格は?将来性は?どんな仮想通貨?

スポンサーリンク

RT(リソーストークン)という仮想通貨をご存知でしょうか?

2019年5月28日に上場したばかりの仮想通貨ですので、ほとんどの人が知らないと思われます。

RTが上場してからまだ間もないですが、順調な推移を見せています。

今回は、RTの上場取引所や価格、将来性、どんな仮想通貨なのか等について、まとめました。

スポンサーリンク

RT(リソーストークン)とはどんな仮想通貨?

解説する男性

RT(リソーストークン)は、WRO(世界資源研究所)のメンバーであるLouis Li氏らが2019年初旬に立ち上げたブロックチェーンプロジェクトです。

RTプロジェクトは、バックボーン(NewChain)、分散共有メモリ(NewNet)、ウォレット(NewPay)、デジタル通貨(RToken)、人工知能エンジン(NewAI)、スマートコントラクト(NNIO)および分散型アプリケーション(DApp)等を統合したプロジェクトです。

非常に多岐に渡るプロジェクトですが、プラットフォームを支えるのは、金融、資源、そして先端技術を用いるサービスという三大支柱です。

RTプロジェクトの三大支柱である金融、資源、先端技術に絞って説明します。

RT金融が打ち出したフルタイム決済、瞬間入金は画期的で、これは世界中のユーザやEC業者が、決済サービスに求める速さというニーズを満たしています。

これには先端技術であるIPv9が使われるということです。

また、RT資源は世界を視野に入れ、世界各地に事務所を設立し、石油、天然ガス、石炭、レアアース等のあらゆる資源の貿易に使われることを目指しています。

RT(リソーストークン)の買い方は?上場取引所はどこ?

仮想通貨

RT(リソーストークン)は2019年6月2日現在、Bit-Zのみに上場しております。

ですので、あなたがRTを購入したいのであれば、Bit-Zで購入する以外ありません。

もし、まだBit-Zに登録していないというのであれば、こちらから登録しておくことをおすすめします!

Bit-Zの口座を無料開設する
 

スポンサーリンク

RT(リソーストークン)の価格は?チャートは?

RT(リソーストークン)の上場価格は0.7ドルでしたが、2019年6月2日現在、1.2ドルを超えています。

上場価格の1.8倍ぐらいでしょうか?

RTチャート

まだ上場したばかりで、今後どのような価格推移をするのか分かりませんが、非常に楽しみですね!

RT(リソーストークン)の将来性は?

札束女性

最近では、仮想通貨の価格は実需の伴ったニュースに反応するようになってきました。

少し前では、開発の進捗状況や、取引所への上場が価格に大きく影響することが多かったですが、現在では大手取引所に上場しても、一瞬価格は上がるものの、すぐに元に戻ることが多いです。

仮想通貨は、開発レベルから次のステージへと進んでいると言っていいでしょう。

仮想通貨は、どの企業に採用されるのか、提携するのか、実需の伴った内容のニュースであることが重要になってきます。

そう考えたとき、RTの実需は?となりますよね。

先程解説した通り、RTは非常に多岐に渡るプロジェクトですが、メインは金融、資源、先端技術を用いるサービスです。

RTが今後色んな決済サービスに使用されるようになったり、貿易での使用が当たり前になったりすると、価格が高騰する可能性が高いのではないでしょうか?

また、RTは既にOceanpec.PteとアブダビADNOC、アメリカのCuallix 銀行と提携しています。

アブダビADNOCは、世界で規模が最も大きい石油会社です。

さらに、Cuallix銀行はMasterCard、UnionPayと提携しているアメリカの銀行で、世界で初めてXRPとパートナーシップとビジネス業務を結んだ機構でもあります。

個人的には期待していいのではと思います。

スポンサーリンク

RT(リソーストークン)はERC20対応ウォレットに保管可能!

投資男性

RT(リソーストークン)は、ERC20トークンですから、ERC20対応のウォレットに保管することができます。

2018年も世界中の色んな取引所でハッキング事件が起こりました。

取引所にずっと仮想通貨を置いておくことは危険です。

やはりハードウェアウォレットで保管するのが最も安全と言えます。

マイイーサウォレットはレジャーナノSやトレザーと連携し、ERC20トークンを安全に管理することができます。

多くの方がこの方法で管理しているのではないでしょうか?

私もそうです。

しかし、レジャーナノSやトレザーはパソコンと接続しないと使用することができないのが、デメリットでもあります。

私は、レジャーナノSを1つ持っていますが、もう1つカード型のハードウェアウォレットを持っています。

クールウォレットSです。

クールウォレットSはスマホとクールウォレットS本体があれば、パソコン不要で送金もできます。

本体は薄く、クレジットカードのような見た目で、財布に入れて持ち歩くことができます。

クールウォレットSを購入してから、レジャーナノSはほとんど使わなくなってしまいました(笑)

クールウォレットSは随時アップデートを重ねており、対応通貨が徐々に増えております。

最近では、USDTも取扱が開始されました。

USDTは相場の変動がほぼないため、退避するために使用している方が多いのではないでしょうか?

また、クールウォレットSはChangellyという交換所と連携し、簡単に手持ちの仮想通貨を別の仮想通貨に換えることができます。(※Changellyへの登録は不要。)

取引所にコインを置いておかなくても、クールウォレットSに入れておけばChangellyを利用して交換もできます。

あなたがまだ1つもハードウェアウォレットを持っていないというのであれば、私はクールウォレットSを強くおすすめしますね!

クールウォレットSについて、詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

クールウォレットS
クールウォレットSの使い方や対応通貨は?初期設定や入金・出金手順は?2018年はCoincheckやZaifでハッキングにより仮想通貨が盗まれてしまう事件がありましたので、取引所にそのまま置いておくのが危...

まとめ

要約リスト
  • RT(リソーストークン)は、WRO(世界資源研究所)のメンバーであるLouis Li氏らが2019年初旬に立ち上げたブロックチェーンプロジェクトで、プラットフォームを支えるのは、金融、資源、先端技術を用いるサービスという三大支柱である。
  • RT(リソーストークン)は、2019年6月2日現在、Bit-Zのみに上場している。
  • RT(リソーストークン)の上場価格は0.7ドルだったが、2019年6月2日現在1.2ドルを超えている。
  • RT(リソーストークン)が実需を伴い、使われていけば、当然価格は上がると思われる。
  • RT(リソーストークン)はERC20トークンのため、ERC20対応ウォレットに保管できる。

いかがでしたか?

今回は、RT(リソーストークン)について、解説しました。

私はRTを20ETHほど購入しました。

さて、どうなるかなぁ?(笑)

今後の価格推移に注目です!

スポンサーリンク