仮想通貨

WoTokenの出金方法は?全額WOR→ETHにすると出金不可?手数料に注意!

泣く男性
スポンサーリンク

配当型ウォレットが非常に人気がありますが、その1つがWoTokenです。

最近Twitterで私に「0.1ETHあげるので8WORください。」と連絡をくれた方がいました。

何やら出金ができなくなった模様・・・。

全額WORをETHにすると出金が不可になる可能性があることをご存知でしょうか?

今回は、WoTokenで出金する際に気を付けるべきことをまとめました!

WoToken
WoTokenのSBIやimTokenとの提携は嘘?ポンジスキーム(詐欺)かも!WoTokenは2019年3月初旬に日本に上陸し、爆発的に流行っています。 私も3月のうちに登録しましたが、近々完全撤退を考えてい...
スポンサーリンク

WoTokenの出金方法は?

まず、WoTokenの出金方法について、知っておきましょう。

引き出しアドレスの登録

まず、引き出しアドレスの登録が必要です。

下のアイコンをタップ後、「引き出しアドレス」をタップします。

WoToken両替

出金先アドレスを登録したい通貨をタップします。

WoToken出金

引き出しアドレス追加」をタップします。

WoToken引き出しアドレス追加

引き出しアドレスを入力した後、「確定」をタップします。

WoToken引き出しアドレス追加WoToken引き出しアドレス追加

支払パスワードを入力後、「確定」をタップします。

WoToken引き出しアドレス入力

アドレスの追加が成功しました」と表示されます。

WoToken引き出しアドレス登録

これで出金先アドレスの登録はOKです。

出金申請をする

出金したい通貨の「引出し」をタップします。

WoToken引出し

出金先アドレスを選択し、出金先数量を入力します。

WoToken出金手順

認証コードを送信します」をタップし、表示されたコードを入力後、確定をタップすると、SMSで認証コードが送られてきます。

SMS配信コードを入力後、「確定」をタップします。

すると、支払いパスワード入力画面が表示されますから、入力後「確定」をタップします。

これでOKです。

かねこ
かねこ
即時出金ではないから余裕を持って出金申請しましょう。

WoTokenで全額WOR→ETHにすると出金不可になる可能性!

喜ぶ男性

上の解説でWoTokenで出金する方法は理解できたと思います。

さて、私にTwitterで連絡してきた方はなぜWoTokenで出金することができなくなったのかというと、全額WORをETHに両替してしまったからです。

WoTokenでは出金するときに、出金手数料としてWORを消費します。

WORを全額ETHに両替してしまうと、出金手数料として使われるWORがなくなってしまい、出金できなくなってしまうのです。

今Apolloを起動している人は、次の日には配当のWORがもらえるので、それを待てばいいでしょう。

しかし、Apolloを停止してしまっていて、運用していない場合、全額WORをETHにしてしまうと出金できなくなってしまうのです。

かねお
かねお
出金手数料のことを考えていないとやばいな・・・。
かねこ
かねこ
警告メッセージぐらい出してほしいよね!
スポンサーリンク

WoToken振替時の手数料に注意!

しかめっ面男性

WoTokenでApolloを起動していて、出金したい場合、一旦Apollo→資産に移す必要があります。

WoTokenでは、Apollo→資産に移す時、注意が必要です。

手数料がかかるからです。

この手数料はWORで取られるのではなく、Apolloで運用していた通貨で取られます。

では、どれぐらい手数料がかかるのかというと、これはWoTokenに登録してからの期間によります。

Apollo運用を開始してから45日以内だと5%手数料として取られます。

45日を経過している場合は、1%です。

例えば、10ETHをApollo→資産に移す場合、45日以内だと9.5ETHになって資産に移されます。

45日経過している場合は、9.9ETHになって資産に移されます。

これは気を付けた方がいいです!

私は見事にやらかしました・・・。

WoTokenで振替時の手数料こんな場合はどうなる?

しかめっ面男性

WoTokenでは45日経過していないとApollo→資産に移動した時手数料が5%も引かれます。

しかし、こんな場合はどうなるの?と疑問に思いませんか?

日にち 運用
2019年4月1日 100ETH運用開始
2019年4月10日 10ETH追加運用

この場合いつを起点として45日経過したときなのかですが、これは最初に100ETH運用開始したときを起点としてです。

つまり、2019年5月16日からは手数料が1%になります。

スポンサーリンク

まとめ

要約リスト
  • WoTokenで出金するには、まず引き出しアドレスの登録が必要。その後出金申請する。
  • WoTokenで、全額WORをETHに替えてしまうと、出金することができなくなる可能性がある。(出金手数料として引かれるWORを残してWOR→ETHに替える必要がある。)
  • WoTokenでは、Apollo→資産に移動するとき手数料がかかる。Apollo運用を開始してから45日以内だと5%の手数料がかかる。それ以降は1%。
  • WoTokenに追加投資してApollo運用している場合、最初に投資した日付を起点として45日以内だと5%の手数料がかかる。追加投資した日付ではない。

いかがでしたか?

これ気を付けた方がいいですよ!

警告メッセージも何も出ませんからね。

特にWoTokenをやめるときは全額引き出すと思いますから、何も考えずにWORをETHに替えてしまうと、WOR不足となり出金できなくなってしまいます。

その場合、またApollo運用して配当のWORをもらうか、誰かにWORを送金してもらう必要があります。

またApollo運用すると、45日以内だと5%で手数料が高いですから、誰かにWORを送金してもらったほうがいいと思います。

スポンサーリンク